【エッセイ】久永家
66.もしや詰みでは?

昼間は産院の指導や面会で慌ただしく過ぎていき、赤ちゃんに母乳をあげる事になった初めての夜。

助産師「授乳の前にまず赤ちゃんの体重を測るようにしてください。次に母乳をあげて、また体重を測ります。これで赤ちゃんが飲んだ母乳の量がわかるので、足りなかった分量をミルクで与えます。1回で合計50mlが今の目安です。赤ちゃんが寝ている間に搾乳して母乳を保管しておきましょう。搾乳は新生児室で預かりますね。追加で与える分のミルクを徐々に母乳に変えていきます」エッセイ漫画久永家66話1

この話は公開を制限しています。
続きはpixivFANBOXでご覧いただくか、電子書籍化をお待ちください。

→pixiv FANBOX「久永家66話」
続きは現在こちらに掲載しております。

前の話もくじ次の話