【エッセイ】久永家66.もしや詰みでは?

昼間は産院の指導や面会で慌ただしく過ぎていき、赤ちゃんに母乳をあげる事になった初めての夜。

前の話もくじ次の話

この話の続きはpixivFANBOXでご覧いただくか、電子書籍化をお待ちください。

→pixiv FANBOX「久永家66話」