CATEGORY

【エッセイ漫画】久永家

【エッセイ漫画】久永家52話 生命のあたたかさ

産後ケア中は夫は廊下で待っていました。赤ちゃんは保育器で診てもらい、夫婦でまったり休憩時間。 この話の続きは電子書籍3巻でお楽しみいただけます。BOOTHではPDF版もご用意しており、お値段もお得なのでおすすめです。 前の話 もくじ 次の話

【エッセイ漫画】久永家51話 産後のご飯

胎盤が出たら分娩終了になります。その後はしっかり母体をケアします。 この話の続きは電子書籍3巻でご覧になれます。BOOTHだとPDF版電子書籍もご用意しているので読みやすいです。 当サイトで次の話の冒頭を読むことができます。

【エッセイ漫画】久永家48話 会陰切開、そして‥

いよいよいきみの疲れがピークに。 次の49話から55話までは電子書籍3巻でのみご覧になれます。 3巻は一番参考になったとご好評いただいております。 よかったらこちらも参考にしてみてください! 48〜55話は当サイトで冒頭部分がご覧になれます。

【エッセイ漫画】久永家47話 アレが出た

陣痛中は痛みで思考がおかしくなるので、漫画描いててちょっと笑っちゃいました。 「う●こ出さずに赤子が出るか!!」←ここテストに出ます。 この話は電子書籍3巻に収録されています。

【エッセイ漫画】久永家46話 破水からのいきみ

LDRで痛みを逃していた久永沙和と夫の知也。助産師が別の出産の応援に行っている間、ぽこんと音がして…。 このときはいきみが永遠に続くような気がしました。 この話は電子書籍3巻に収録されています。いずれ販売終了しますので今のうちにどうぞ。 出産時のいきみ方は、こちらも参考にしてみてください。

【エッセイ漫画】久永家44話 痛みの逃し方

痛すぎて気絶するかと思いました。 助産師さんマジリスペクト。ただ注意していただきたいのが、痛みは逃せても苦しいことに変わりはないということです。 陣痛は規則的なのでリズムをつかんだら、あとは呼吸を意識する感じです。 こちらの書籍をお勧めしておきます!イメージがつかみやすいDVD付き。 この話は電子書籍3巻に収録されています。私の体験談がお役に立てたら嬉しいです。

【エッセイ漫画】久永家43話 最大級の痛み

初めての出産、初めての陣痛でド緊張していた時の話。 産後のお母さんからあんまりこういう話は聞かないので、この痛みは私だけかもしれません。でもこの時が一番痛かった。 この話は電子書籍3巻に収録されています。