久永家の日常「鉛筆の芯」

スクリーントーンを知らない人の方が多いのにあえてネタにする勇気。

前の話もくじ次の話

この電子書籍の販売は終了しました。
ありがとうございました!